ラグジファクトリー日記

皆さんこんばんは。

ラグジファクトリーの上原です。

K様の1966年フォード マスタングの点検させていただきました。

エンジン始動の時、セルが回る音が重たい感じでしたので、外して点検しました。

電気を流して動作確認します。

セルモーターは正常に動いていましたので他に原因があると思い、

さらに各部点検しました。。

原因はアース不良と点火不良でした。

バッテリーターミナルもボロボロでしたので新しい物に交換しました。

1つ1つ愛情込めて点検、修理していきます。

管理ユーザーN様のHUMMER H2。

純正リアサスペンションのエアバックの交換です。

長年3トンオーバーの車体を支えてきたので変形していますね。

エアサス車のH2ではよくある症状です。

右側が新品です。

一目瞭然ですね。

今回は純正部品ではなくアフターパーツ(社外品)を使いました。

純正部品よりも安価に修理出来ます。

H2オーナー様、本国からお取り寄せ可能ですのでお気軽にご相談ください。

国産車もお任せください!

Y様のタントのエンジン不調で入庫しました。

エンジン始動してもすぐに止まってしまいます。

症状的に点火系が怪しいと思い、プラグを点検してみると・・・・。

左が交換前、右が新品です。

不完全燃焼でプラグが真っ黒になっていました。

これでは止まってしまいますね。

もう少し詳しく見てみると・・・・・。

主の原因はイグニッションコイルが原因でした。

しっかりとコイルに伝達されていなく、不完全燃焼を起こしていました。

プラグとイグニッションコイルを交換し、正常に戻りました。

Y様は女性オーナーさんですのでエンジンがかからなくなってとても心配されていました。

女性の方でも分かりやすくご説明させていただきます!

修理のことでしたら私にお任せください!

SEE  YOU  NEXT  DIARY  !!

GOOD  NIGHT  !!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.

PAGE TOP