2019年SRT HELLCATの魅力

皆さんこんにちは。 ラグジの中村です。

 

今日は2019年に変更されたSRT HELLCATについてご紹介します。

 

まず、SRTグレードが2019年から6.2LスーパーチャージドHEMI V8 SRTエンジンのみになりました。

 

NAのSRT392グレードは2019年から無くなってしまいましたね。

 

2019年からはSRT=スーパーチャージャーという事ですね。

 

 

最高出力が707HPから717HPへパワーアップ!

 

アクセルを踏み込むとスーパーチャージャーの甲高い音と共に強烈に加速します。

 

 

2019年からの仕様変更でエクステリアで目立つのがデュアルスクープフード。

 

正直、2018年モデルまでのヘルキャットボンネットフードが良いと思っていましたが、

 

実物を見ると甲乙つけがたいですね。

 

利点としてはエンジンルームが濡れない事でしょうか。

 

 

ここのダクトから水が入ってしまうんですよね。

 

6.2LスーパーチャージドHEMI V8 SRTエンジンはかなり高温になるので

 

熱を逃がすための設計に。

 

どちらもデザイン性が良いのでお好みで。

 

個人的に2019年最大の変更と思うのが・・・・・・。

 

 

テクノロジーグループのオプション選択が出来るようになりました。

 

テクノロジーグループを選択しますとオートハイビーム、レインセンシティブウインドシールドワイパー

 

アダプティブクルーズコントロール、フォアードコリジョンワーニング(前方衝突警告)が

 

純正オプションとして付きます。

 

見た目の判断は、ロアバンパーグリル内のレーダーの有無です。

 

2018年まではヘルキャットのオプションになかったですが、

 

2019年から選択できるようになりました。

 

さらにテクノロジーが追加された2019年SRT HELLCAT。

 

かなり魅力的です。

 

 

純正ホイールは20インチ 9.5Jローグロスブラックホイール。

 

ブレーキはブレンボ6POD スリットローター

 

タイヤはP ZERO 275/40R20が装着されています。

 

ハイパフォーマンスな走りに対応出来るスペックになっています。

 

 

インテリアはSRT専用アルカンターラシート。

 

高級車に使用されているナッパレザーを使用しています。

 

オプションのパワーサンルーフ付きです。

 

 

USBポートでお持ちのスマートフォンを接続するとアップルカープレイorアンドロイドオートが使えます。

 

Siriも使えますし、マップの音声案内ももちろん日本語!

 

かなり画期的です!

 

音楽も100%ハーマンカードンの機能を使えるのでお勧めです。

 

 

 

 

SRTモードはストリート、スポーツ、トラックの3つの走行モードが選択出来ます。

 

 

カスタムメニューでお好みの設定にする事も可能です。

 

 

男心がくすぐられる機能が多数付いています。

 

見た目、性能、高級感が全て詰まったSRT HELLCAT。

 

スーパーカーに引け劣らないスペックです。

 

是非体感してみてください。

 

弊社ヘルキャット販売台数№1を自負しております。

 

ダッジ チャレンジャーの事ならお任せください!

 

お問い合わせお待ちしております。

 

https://www.gooworld.jp/usedcar/spread/goow/15/700921018130181221001.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. I様ダッジRAM陸送引取
PAGE TOP